딤처리

Motiva
Banobagi

#バノバギ
のモティバ再手術

バノバギの優れたバスト再手術の技術力と
ハイエンド保形物・モティバのコラボレーション!

scroll
down

Re:

数多くのバスト再手術ケースを有する

バスト整形に関する経験と理解が豊富なバノバギ整形外科

  • Before
    수술전 사진
    術後6カ月
    수술 후 사진

    Case 01

    モティバ再手術
    バスト下のシワ切開
    両側 315
    (R:皮膜の除去、L:房を拡げる)

    右側のバストに球型拘縮が発生し、両側のバストが非対称に定着したケースです。右側のバストの組織と既存の保形物を精密に分離した後、モディバの保形物で両側のバスト下のシワと乳頭の位置を合わせました。また、体型に合わない小さな保形物の使用でバストが美しく見えなかった既存の問題を改善するため、胸郭の大きさに合った保形物を使って自然で美しいバストの形になるようにしました。

    球型拘縮の可能性がほとんどないモティバの使用とバノバギの体系化された管理及びマッサージで球型拘縮を予防しました

  • Before
    수술전 사진
    術後6カ月
    수술 후 사진

    Case 02

    モティバ再手術
    バスト下のシワ切開
    両側335
    (脂肪移植を並行)

    バストが固くなる球型拘縮と挿入された保形物のシワが透けて見えるリップリング現象があった患者さんです。
    よって、皮膚とバストの組織に対する精密な診断後、バスト下のシワ切開を通じてモティバ保形物を使用しました。

    既存の保形物とバストの組織は精密に分離し、患者さんの皮膚と脂肪層が薄かったため、脂肪移植を通じて リップリング現象を予防しました。

  • Before
    수술전 사진
    術後6カ月
    수술 후 사진

    Case 03

    モティバ再手術
    バスト下のシワ切開
    両側350

    全体的なバランスを見ずにバスト整形をすると、不自然な結果になりやすいです。
    この患者さんの場合、既存のバスト整形の際にバストの位置を間違ったため形が不自然になり、保形物の大きさの選択にも限界があったということです。

    バノバギは体型と身体の比率を考えた再手術によって患者さんに似合うバストの位置を見つけ、適切な空間の形成を通じて 患者さんが望む大きさのモティバ保形物を使えるようにしました。

  • Before
    수술전 사진
    術後6カ月
    수술 후 사진

    Case 04

    モティバ再手術
    バスト下のシワ切開
    両側335

    触感と大きさに不満を感じ、再手術を選択された患者さんです。
    存の保形物を安全に除去した後、自然な弾力がメリットであるモティバに代替し、大きさもまた医学的に負担にならない範囲内で患者さんが望む大きさの保形物を選びました。

    傷跡への心配で、バスト下のシワ切開に抵抗感があった患者さんでしたが、皮膚科との共同診療を通じたヒーリング・スカー・プロジェクトによって 傷跡への懸念を軽減しました。

  • Before
    수술전 사진
    術後6カ月
    수술 후 사진

    Case 05

    モティバ再手術
    バスト下のシワ切開
    両側335

    バストの大きさへの不満により再手術を決心した患者さんです。保形物が入る空間に余裕がある体型だったため、患者がんが望む大きさのモティバ保形物の使用が可能でした。

    また、既存のバストの上部分の対称が微妙に合わなかったのを、保形物が入る空間を再調整して 対称になるよう修正しました。

Re:

バストの再手術の大家
バン・ジェサン院長

18年間積み上げたバスト手術の経験と実績

반재상원장 수술장면

バストの再手術は、バスト整形の経験と理解が豊富な医師に手術を受ければなりません。そうでない場合、満足できない結果になることもあり、また機能異常または球型拘縮などの副作用によって望むような結果を得ることができません。バン・ジェサン院長は2000年の開院からずっとバスト分野を専門にしており、そのノウハウと技術をもと、バスト専門担当チームが運営されています。

単純な形だけの代表院長ではありません。直接手術を執刀し、自分の分野と本分に充実な医師です。

Re:

再手術に専門化された バスト整形専門担当チーム

多数のソウル大学病院出身医療陣+専門性と独立性を高めたチーム構成

  • 반재상 원장

    バン・ジェサン 院長
    バスト整形代表院長

    • バノバギ整形外科 院長、医学博士
    • 大韓幹細胞組織再生学会 常任理事
    • 原子力病院整形外科 科長歴任
    • ソウル大学校医科大学 卒業
    • ソウル大学校病院整形外科 専門医
    • 大韓形成外科学会 正会員
    • ソウル大学校病院形成外科 外来教授
    • 大韓美容整形外科学会 正会員
    • (前) ソウル大学校病院 整形外科 臨床諮問医
    • レッミイン・ドクターズ執刀医
  • 한규남 원장 한규남 원장

    ハン・ギュナム 院長

    • バノバギ整形外科 院長
    • ソウル大学校病院整形外科 専門医
    • ソウル大学校医科大学大学院
    • 大韓形整形科学会 正会員
    • 大韓美容形整形科学会 正会員
    • 大韓頭蓋顔面整形外科学会 正会員
  • 노용준 원장 노용준 원장

    ノ・ヨンジュン 院長

    • バノバギ整形外科 院長
    • ソウル大学校医科大学 卒業
    • ソウル大学校病院 インターン
    • ソウル大学校病院整形外科 専門医
    • 大韓整形外科学会 正会員
    • 大韓美容整形外科学会 正会員
    • 大韓頭蓋顔面整形外科学会 正会員
  • 김용주 원장 김용주 원장

    キム・ヨンス 院長

    • バノバギ整形外科 麻酔科 院長
    • ソウル大学校医科大学 卒業
    • ソウル大学校病院 麻酔痛症医学科 専門医
    • 韓国報勲病院 麻酔痛症医学科 課長
    • 大韓麻酔科学会 正会員
    • 大韓痛症医学会 正会員
    • 大韓静脈麻酔研究会 正会員
  • 서재범 원장 서재범 원장
    乳房検診専門

    ソ・ジェボム 院長

    • 慶北大学校医科大学卒業
    • 慶北大学校病院 インターン
    • 慶北大学校医科大学病院 外科専門医
    • 慶北大学校医科大学大学院 外科学修士
    • ソウル聖母病院 乳房/甲状腺外科 専門医
    • 乳房外科 細部専門医
    • 大韓外科学会 正会員
    • 韓国乳がん学会 正会員
    • 大韓内分泌外科学会 正会員

モティバ公式指定病院

Banobagi

モティバは長い間の臨床経験を通じて
実力が検証された専門医だけに提供される安全な保形物です。

バスト再手術の大家、バン・ジェサン院長を通じて
バノバギ・モティバ再手術を体験して下さい。

Re:

バノバギの
ワンストップ・バスト再手術

精密検査から手術、ケア及び定期健診まですべての過程を一カ所で便利に解決

  • 열기/닫기

    Step 01

    手術前

    健康な胸のための精密な診断

    • 01

      一般外科専門医の診察

      より専門的なバスト健康チェック

    • 02

      乳房超音波検査

      バストの状態を綿密に確認

    • 03

      マンモグラフィー検査

      乳がんの可能性を早期に発見

      *対象者に限ります。

    • 04

      細胞採取組織検査

      発見した以上組織を採取・検査して疾患を鑑別

      *対象者に限ります。

    • 05

      腫瘍発見時、マンモトームによる乳房腫瘍除去手術

      バストの健康にリスクとなる要素を早期に遮断

      *対象者に限ります。

  • 열기/닫기

    Step 02

    手術時

    安全な再手術のための
    体系的な協同診療

    • 01

      豊富な経験と審美眼をそなえた形成外科

      患者さんに合った美しいバストをデザイン

    • 02

      乳房診断システムによって リスクを遮断する一般外科

      患者さんのバストの健康を考えた手術

    • 03

      モニタリング・システムなどで安全性を高めた麻酔科

      麻酔科専門医の常駐でより安全に行われます

  • 열기/닫기

    Step 03

    術後

    安定的な結果のための体系的な管理

    • 01

      検診を通じた定期的なバストの健康管理

      持続的なバストの健康チェック

      *バスト整形前にも乳房定期健診が可能です。

    • 02

      術後管理でより満足度を高める結果を追求

      傷跡の管理と早い回復をサポートするプログラムを行っています

    • 03

      一般外科専門医の精密な診断

      専門装備とノウハウによって保形物のあるバストの小さな異常組織も判別が可能

様々な 技術, 様々な 方法

個人ごとに違うバストの特徴を考えたオーダーメイドのバスト再手術を実施します。

  • 이미지
    保形物の形、メーカー、大きさなどを設定し 選択による形を見ることができる
  • 이미지
    多様な保形物を備え、手術前に望む形態と形を詳しく選択が可能
  • 이미지
    ダーマボンドの使用によって術後の傷跡を減らし、優れた美容効果を誇る
  • 이미지
    長い経験から得られたノウハウを通じて手術に対する満足度を高めるバノバギ

Re:

内視鏡デュアル・ビジョン方式の 手術

バストの再手術の安全性を高めるFull HD内視鏡

반재상원장 수술장면

脇の下を利用した手術をする際、内視鏡を挿入し保形物の大きさに合った空間だけを剥離します。血管及び周辺組織の損傷が少ないバノバギの安全なバスト整形方法です。

  • - 精密な視野の確保が可能
  • - 周辺組織及び神経損傷がほとんどない剥離
  • - 切開部位が減り、傷跡及び痛みが少ない

Re:

痛みを減らす肋間麻酔方式

出血を減らし、腫れを少なくして、比較的早い回復速度

手術中の
バストの痛みの減少
術後も
痛みを減らす
出血を減らす
腫れを少なくし、
早い回復
肋間麻酔方式とは?
あばら骨の下部分に位置する肋間神経に麻酔剤を注入する麻酔方式です。全身麻酔後に肋間麻酔をすることで痛みを著しく減らし、術後の早い回復を助けます。大型病院水準のモニタリング・システムと麻酔システム、自家非常発電システムを備えており、麻酔科専門医が麻酔をし、安全に麻酔をすすめます。

Re:

自家痛み調節機 を使用

痛みを減らすこともバスト再手術の一部です

痛みがあるたび患者さん自ら少量の鎮痛剤を自動で投与できる自家痛み調節機を使って、術後発生する痛みを減らし、比較的早いコンディションの回復を助けます。患者さん自身が痛みを調節できるため、バスト再手術の不安感が少ないです。

バノバギ形成外科は患者さんの細かい部分まで逃さないよう努めています。

Re:

3Dスキャナを利用した仮想整形

立体3Dシミュレーションで前もって見て決定するバスト再手術

divina3次元スキャナ

バスト手術を望む患者さんの身体のすべての曲線部分をスキャンし、4つのイメージと数百個のポイントを測定する3Dスキャナです。患者さんのバスト手術後の姿をシミュレーションできるよう3Dデジタル化してお見せします。

バスト整形の場合、バストの形、切開部位、ボリュームのサイズ、保形物の種類など他の整形手術に比べて難しい手術であるため、正確な分析を通じて手術の方向性を決定して行わなければなりません。

  • バストのスキャン
  • 測定された資料で胸の状態分析
  • 手術前仮想シミュレーション
이전 다음

Re:

バノバギの
ヒーリング・スカ―・プロジェクト

傷跡の心配がほとんどないバスト再手術

Type 01

赤みがあったり褐色の傷跡

ブイビーム、レーザートニングなどで治療、通常3週間隔で3~5回治療します。

Top